森の言葉(もりの学舎インタープリターのブログ)

森の案内人のインタープリターが、もりの学舎での活動や自然情報をお届けします。

(2015年4月15日)

最近、もりの学舎の玄関がちょっとにぎやかになっています。
野鳥がにぎやかにさえずってくれています。
数日前も玄関どころか館内にまで入ってきてしまい
パニックを起して、ガラスにぶつかっていました。
危険なので、外に逃がしてあげましたよ。
KIMG0228
そんなことがあったので、今日はどうかなと思って様子を見ていると
今日は中に入らず、玄関に飾ってあるリースにとまって
何かこそこそしています。
150415ヤマガラ
よーく見てみると、リースの綿をくわえて飛び立っていきます。
巣材を集めていたんですね。
どこにもっていくのかな〜と観察していると
玄関から少しはなれたケヤキの木の根元でもなにやら
行ったり来たりしているものが目にはいりました。
カメラを向けてよーく見ていると
コケをくわえたシジュウカラが飛んできて、ケヤキの切り株の
穴に入っていくではないですか。
 150415シジュウカラ
もしかして「巣作り」!チョットびっくりしました。
このケヤキの切り株の穴は横穴ではなく、縦穴です。
屋根がわりのものない穴ですが…
しばらく来館者のみなさんが近づかないようにしてみようかと。
巣立ちが見れるとうれしいですね。

カテゴリ:インタープリターのひとりごと 自然・いきもの

投稿者:インタープリター1/コメント(コメントはまだありません)

一覧に戻る