森の言葉(もりの学舎インタープリターのブログ)

森の案内人のインタープリターが、もりの学舎での活動や自然情報をお届けします。

新居の居心地

(2017年4月8日)

2016年の4月に森のなかにとりつけた巣箱を子育ての場所に選んでくれました。

 

住人は「シジュウカラ」

 

巣箱のなかを快適にするために、なんどもなんども

巣の材料をくちばしに加えながら、巣箱に入っていきます。

 DSCF3091

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうそろそろ、卵を産む時期でしょうか。

シジュウカラたちは遠くから静かに観察してください。

 

近くに行くと巣を捨ててしまいます。

なかに卵があってもですよ。

気をつけてくださいね

 

 

 

カテゴリ:インタープリターのひとりごと 自然・いきもの

投稿者:インタープリター1/コメント(コメントはまだありません)

一覧に戻る