もりの学舎(まなびや)

水の大切さとやさしいくらし

(2013/9/8)

9月のもりの学舎キッズクラブは

いつものキッズクラブとはちょっと違います。

今回は、「花王」とのコラボです。

 

プログラムは「水の大切さとやさしいくらし」というタイトル。

洗剤などで日常生活に密着した企業らしいプログラムでした。

もりの学舎に集まった子どもたちは、「水の大切さ」をキーワードに

スライドショーを見たり、普段の洗濯でどのように水を使っているのか、実際に洗濯機で見ました。

SDIM0480 SDIM0482 

 

そしてお弁当のあとは、ちょっと急ぎ足でリニモの駅まで向かい、

リニモに乗ってアピタ長久手店まで出かけました。キッズクラブでアピタのようなお店に行くのは

もちろん初めての体験です!インタープリターもちょっとドキドキ。

SDIM0484

 

日曜日の午後のにぎわいをみせるアピタ店内では、お店の探検とミニ実験を行いました。

実際のお店にはどんな洗剤が売られているのか売り場を見て、洗剤を購入する買い物体験、

バックヤードでお店として行っている環境への配慮の仕組みを見せてもらうことができました!

SDIM0490 SDIM0505 SDIM0492

 

実験では、最新の洗剤とこれまでの洗剤との違いを体験するミニ実験をこどもたちはペアになって体験しました。

洗剤による汚れの落ち方のちがい、水切れの良さの違いを体感できる実験でした。

SDIM0519 SDIM0536 SDIM0525

 

最後のまとめは、「水を大切にする」ために家に帰ってすぐにできることをみんなで確認しました。

SDIM0542

こどもたちは、家で「やさしいくらし」を実践し始めてくれてるかな。

保護者の皆さんもこどもたちへの協力よろしくお願いします。

 

花王のみなさん、アピタ長久手店のみなさん、保護者のみなさん、今回もありがとうございました。