森の言葉(もりの学舎インタープリターのブログ)

森の案内人のインタープリターが、もりの学舎での活動や自然情報をお届けします。

出逢い

(2015年1月24日)

冬の森は澄んでいて、何かピシッとしているところがいいですね。

 SDIM1955

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬の森はすっきりしています。

 

葉っぱや草も少なくて、森の奥まで見やすくなっています。

 

そんな森では、いろんな動物と出会うチャンスが

ほかの季節よりすこし多くなっているような気がします。

 

メジロやヤマガラなどの小さな小鳥たち

コゲラが木をつついているのも見れるかもしれません。

 

もしかしたら、イタチやタヌキの後ろ姿も…

 

そんな出逢いを求めて、冬の森にあそびにきてください。

 

彼らには出会えないかもしれませんが

彼らからのメッセージは、見つけられると思います…

SDIM1960

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、昨日(23日)にかめの池トレイルで見つけた「森のエビフライ」です。

今日も見つけられるといいですね。

 

カテゴリ:インタープリターのひとりごと 自然・いきもの

投稿者:インタープリター1/コメント(コメントはまだありません)

一覧に戻る